施術代の価格改定のお知らせ

いつも杉山鍼灸院をご利用いただきありがとうございます。

このたび当院では令和元年5月1日より、施術代等の価格を改定(値上げ)させていただくことになりました。
近年、資材の高騰等により仕入価格が漸次上昇しており、高騰分を経営努力にて吸収すべく努めてまいりましたが、

さらなる上昇が見込まれるなか経営努力のみでサービス価格水準を維持するのは難しい状況となり、

残念ながら価格を値上げせざるを得なくなりました。

誠に勝手なお願いではございますが、何卒、事情ご賢察を賜りご了承のほどお願い申し上げます。

・・・・・・

こうやって書くと、それらしく見えますが、

実際は、値上げとかその他諸々の影響で、やっていくのが厳しくなってきています。orz……

今まで、市場価格よりも格安施術で、オプションや鍼以外の道具も気持ちにて施術しておりましたが、

経営努力だけでは、やっていけない状況になってきました。

固定費、材料費、書籍、勉強代、。。。。。。

よりより施術を行うためにも、一度お気持ち経営をリセットし、

お金の部分も、プロとしてなぁなぁにせず、きちんとやっていこうと気持ちを新たにしたわけです。

適正な利益が出ることにより、最終的に皆様に還元されるものと理解しています。

とはいえ、お気軽に鍼灸施術を受けていただきたい気持ちに変わりはありません。

メインの施術料は、お値段そのまま、施術時間をきっちりにすることにしました。

今後とも、杉山鍼灸院をよろしくお願いいたします。

鍼灸は、あなた自身の治す力をサポートしますの意味は?

私、鍼灸院でよくお伝えすることがあります。

「鍼灸は、あなたの、あなた自身のカラダを治す力をサポートします。」

例えば、首が痛い。
腰が痛い。

を例に取ると、

カラダ自身に大きな問題がない場合(病気ではない場合)
日常生活でのカラダの使い方が問題になっている場合が多いと思います。

例えば、仕事でずっと椅子に座ってキーボード叩いているとか、
重い荷物を持ち運んでいるとか。

カラダの使い方が問題の場合、ちょっとずつ、カラダに負担がかかっていっていますよね。

それを、オフロに入ったり、マッサージしたり、
寝ている間カラダの力が抜けて、少しずつゆるもうとしたりとか。

カラダもなんとかしようと思うわけです。

でも、イタイって感覚があると、
ちょっと治り悪い気がしませんか?

そこで、鍼灸。

今、不快の痛みを和らげて、辛いその部位を動かせるようになると、
そこに、フレッシュな酸素を含んだ、血液が流れてくるわけですね。

鍼灸は魔法ではないので、1回の施術で完璧にとは参りません。
むしろ、あなた自身のカラダを治す力をサポートできる強い味方なんですよ!

70%のヒトが痛みを我慢している?

ファイザー株式会社は、全国の慢性疼痛を抱える20代以上の男女約9,000人を対象にインターネット調査を実施した。

その結果、痛みがあっても我慢するヒトが66%となり、痛みがあっても我慢するヒトが多いことがわかりました。

確かに、痛みは、自分以外の誰にもわかるものでは無いですよね。
ちょっとした痛み、激しい痛み。

でも、痛みが長く続くと、状況が悪くなって
もっともっと、自分が辛い思いをすることになる経験ってありませんか?

例えば「歯」もそう。コレが一番わかり易いし、経験多いですよね。
でもって、歯医者さんに行くと、虫歯の進行が進んでいて。。。。。。
って流れ、見に覚えありませんか?

痛いというのは、やっぱり体がなんとかしてよって
あなたにお願いをしているのかもしれません。

痛いの治療を諦めないで、自分自身でその痛みをに向き合って、
一度治療してみませんか?

もちろん、適切な治療を受けるために、医療機関を受診することが大事ですよね。

当院でも、あなたのつらい症状を東洋医学でアプローチして解決法を一緒に探すお手伝いいたしますよ!

参考)
ファイザー株式会社・47都道府県 長く続く痛みに関する実態 2012年vs 2017年比較調査