鍼灸は、あなた自身の治す力をサポートしますの意味は?

私、鍼灸院でよくお伝えすることがあります。

「鍼灸は、あなたの、あなた自身のカラダを治す力をサポートします。」

例えば、首が痛い。
腰が痛い。

を例に取ると、

カラダ自身に大きな問題がない場合(病気ではない場合)
日常生活でのカラダの使い方が問題になっている場合が多いと思います。

例えば、仕事でずっと椅子に座ってキーボード叩いているとか、
重い荷物を持ち運んでいるとか。

カラダの使い方が問題の場合、ちょっとずつ、カラダに負担がかかっていっていますよね。

それを、オフロに入ったり、マッサージしたり、
寝ている間カラダの力が抜けて、少しずつゆるもうとしたりとか。

カラダもなんとかしようと思うわけです。

でも、イタイって感覚があると、
ちょっと治り悪い気がしませんか?

そこで、鍼灸。

今、不快の痛みを和らげて、辛いその部位を動かせるようになると、
そこに、フレッシュな酸素を含んだ、血液が流れてくるわけですね。

鍼灸は魔法ではないので、1回の施術で完璧にとは参りません。
むしろ、あなた自身のカラダを治す力をサポートできる強い味方なんですよ!